(投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

2016年の駄作・迷作アニメを語る?

  • アーサー・エリス
  • Site
  • 2017/01/09 (Mon) 19:51:32
遅ればせながらあけましておめでとうございます。
…あれ?もしかして2017年に入ってから書き込み一番乗り?

さて、一昨年の年明けにも少し語りましたが今年も「名作・良作の影に隠れた2016年の駄作・迷作」を語りたいかな、と思います。
2016年は諸事情によりあまりアニメが見れず、「このすば」「カバネリ」「Re:ゼロ」「ジョジョ」などの話題作もノータッチでしたが、そんな中でなんとなく最後まで見てしまったアニメの中から個人的に駄作・迷作と思ったものや、「面白かったけどちょっとモヤッとした作品」について振り返ってみようと思います。

・アルスラーン戦記/アルスラーン戦記 風塵乱舞
しょっぱなから「名作だろ!いい加減にしろ!」と言われそうですが。
いや、面白かったですよ。2016年アニメの中でベストテンに入りそうなくらい個人的評価は高いです。でも、「俺たちの戦いはこれからだ!」エンドを2回、しかも2クール+1クールに分割してまで繰り返したのは(面白かっただけに)ちょっとゲンナリ。
いや、事情はわかってるんです。そもそも原作が終わってないし、アニメの原作は厳密には「荒川弘のコミック版『アルスラーン戦記』」なのでコミック版が進んでるところまでしかアニメにできないっていうのは。
でも、繰り返しますが面白かっただけに「そこ(クライマックス)でおあずけかよ…」とどうしても思ってしまう作品でした。
原作の原作である田中芳樹の筆の遅さは有名ですし、続編が見れるのはいつになるやら…。

・タブー・タトゥー
個人的には、純粋に「質が低い」という意味では16年中最強だった作品。
一話のセイギとイジーの素晴らしいアクションシーンに魅了されて最後まで視聴しましたが、期待値は話数を減る毎に下がっていきましたね…。
設定やシナリオの「テンプレ」感(能力モノの世界観、平凡な主人公に最強の力、一般人のメインヒロイン、死亡フラグ満載の師匠役、敵であるアリヤの世界征服の動機、etc)もさることながら、話数が進む毎に露骨に質の落ちていく作画がどうしても気になってしまいました。
3年前の「ウィザード・バリスターズ」ほど崩壊してはいませんでしたが、終盤の、露骨に使いまわされるバンクや一枚絵を使っての演出、尺の時間稼ぎで「作画の枚数を節約しよう」という魂胆が透けて見えてしまうシーンには、呆れを通り越して心配さえ覚えました。
アレだけ生身バトルを推しておきながら最終決戦がモッサリ怪獣バトル、というのもマイナスポイント。作画のモッサリ感とバンクもあって、最終決戦が一番盛り上がらなかった…。

そしてその果ての「俺たちの戦いはこれからだ!」エンドにはもう脱力感しか。
どシリアスなクライマックスで「覚えてなさいよ~!」はないだろアリヤ姫。

生身戦闘シーンの描写は良かっただけに、ホントもったいないな、と思えた作品でした。
イルはかわいかったです(小並感)。

・Dimension W
「失敗した『原作未完の作品のアニメ化』」というのが素直な感想。
序盤は色々と期待させてくれましたが、前述の「タブー・タトゥー」同様、期待値は話数を減る毎に下がっていきました。
特にラストの超展開連打+怒涛の解説ラッシュにはぽかんとするばかり。
梅津泰臣のオープニングは凄かったのになぁ…。

久々の「渋いおっさんが主役のアニメ」と思って期待してただけに、ガッカリ感も大きかったです。

・ブブキ・ブランキ/ブブキ・ブランキ 星の巨人
「名作『蒼き鋼のアルペジオ アルス・ノヴァ』の製作元」「トレイラーで見えた独特な美術や武器(ブブキ)デザイン」「ロボットバトル系」など、僕の期待値を上げる要素の多い作品でしたが、実際はかなり期待はずれでした。ガッカリ度だけ言えば今年最強クラスの作品。

なんというか、シナリオとキャラクターの至る所に既視感を感じるんですよね。
作風的に「ジャンプ漫画的『努力・友情・勝利』の王道」をやりたいのはなんとなく伝わってくるんですが、それを考えても「これ◯◯(既存作品)で見たよ…」というシーンや展開が多すぎてもうダレまくり。
(直接戦闘能力はないけどチームに必要不可欠な力を持つ主人公、ブブキ(意思を持つ武器)を「ただの道具」としかみなさないがブブキの理解を経て成長する仲間(敵にもこういうやつが一人)、極悪な敵が実は善人、etc)
あと、どうしてもギーの「ブブキを受け継ぐということは呪い、だからブブキもブランキもこの世からなくしてやる」「だからデウスマグナ(始祖のブランキ)を復活させてこの世をリセットしてやる」という動機が、ブブキ使いの負の一面とか、ギーの過去など本来こういった動機に厚みを持たせるための事柄が殆ど描かれないせいで薄っぺらに見えるのが痛い。
一応ブブキ警察がブブキ使いに厳しく当たってるところは序盤に描写されてましたが、ブブキが単体でも破壊力を持つ以上、国家がブブキ使いを管理しようと考えるのは自然なことだと思います(ブブキ警察の横暴は擁護できませんが)。

・逆転裁判
原作未プレイ。キャラクターが記号的すぎるのは鼻につきましたし、ツッコミどころもありましたが、決してつまらなくはなかったです。
でも「DL6号事件」関連の事柄だけはどうしても納得出来ないです。

「エレベーターに閉じ込められるといずれ空気がなくなる」っていうのは 迷 信 でしょ!
「ハイネがエレベーターの迷信を信じていて、それが原因で錯乱した」という考え方もできるでしょうが、それならそうと登場人物に説明させるべき。
これはもう「『逆裁』世界のエレベーターは閉じ込められると酸欠になる」と解釈して見るしかないのか。

・牙狼 紅蓮ノ月
牙狼シリーズは初代から見てますし、牙狼初のアニメシリーズ「炎の刻印」が面白かっただけに期待していましたが、ぶっちゃけ「粗雑乱造」の感が否めない作品でした。
パチンコマネーがあるからって作ればいいってもんじゃないし、ファンは1年くらい待てるんで、こんな質の低い作品作るぐらいなら、十分なクールタイムを空けてちゃんとした作品を作って欲しかった。

これはなかったことにして、今年の「絶狼 Dragon Blood」に期待します。

・Selector Destructed WIXOSS
総集編ということで大きな期待は抱いていませんでしたが、流石に「infected」「Spread」(2クール)を合わせて2時間に圧縮!っていうのは無理があるでしょう…。
解説がおざなりすぎてまずTV版未視聴の人はついていけないでしょうし、TV版を全部見た人にしてもこの内容では楽しめないでしょう。「『Destructed(破壊された、爆発した)』ってそういう意味なの…?」と邪推してしまうほどでした。

終盤の追加シーンはよかったですが、そこ見れればいいかな…という作品でした。
あと、来場者特典のカードが貰えたので、その点に関しては他の駄作よりマシだったかな(笑)

・コードギアス亡国のアキト 最終章
一言で言えば「第一章から4年待たせてその終わり方はねーよ…」。
急にギアス関連のオカルト的要素をガッツリ出して、しかもそのギアスが本編を超えるオカルトパワーを発揮して強引に話をハッピーエンドに持っていったのにモヤモヤ。確かに本編でもギアスは重要な要素でしたが、物語のクライマックスに強く関わってくることはありませんでした。
それが本作では結末に関わり、物語を動かすというシナリオには、かなりご都合主義感を感じます。
ネタバレなのでぼかしますが、特に終盤、ギアスの共振により死者の意思が現実世界に表出するシーンは「Zガンダムかっ!」と突っ込みたくなりました。

だが、何よりも説明不足がキツすぎる。
説明過多も問題ですが、説明不足はもっといけないとおもいます。
正直ギアスを絡ませないで「R1でブラックリベリオンが失敗した頃EUではこんな戦いがあり戦場にはドラマがあった」くらいの話でもよかったのにな。

しかし、戦闘シーンだけはマジで頭おかしいクオリティなんで、これだけは見ましょう。
日本のCGの最先端と言っても過言ではなかったです。

・ゼーガペインADP
「総集編に新シーンやキャラクターを加えた新たなゼーガ」的なことを言ってましたが、新カットを加えても「総集編」の域を出ることはなかった気が。
既存シーンを流用したせいで、「『一周目』のキョウ」のはずなのにぜんぜん「『二周目』(TV)のキョウ」と別人の感じがしない。
展開も(TV版の時点である程度示唆されていたとは言え)TV版の焼き直し感があり、新キャラも存在感は薄味。
バンクシーンの使い回しも多く、周囲の盛り上がりに反して自分はあまり盛り上がれませんでした。

新規にモデリングされたゼーガペインも、動きが若干もっさりしていて「亡国のアキト」「劇場版マジェスティックプリンス」見ちゃうと全然満足できません。
最初のホロニックアーマー展開のシーンなどかっこいい部分もありますが、スピード感という点では大幅に劣ると言わざるを得ません。

次回作(あるいは新企画?)はあるようなので、そこに期待します。

Re: 2016年の駄作・迷作アニメを語る?

  • nagusa
  • 2017/01/10 (Tue) 16:42:45
あんまり見ていないのですが、普通に去年みたアニメの感想。

○オルフェンズ2期
まだ終わっていませんが、やはり面白い。
ガンダムじゃなくて良いじゃんといういけんもわからなくはないですが、現在のアニメ業界では『ガンダムでなければそもそも企画が通らない』わけで。
結果としてここまで素晴らしい作品を作ってくだされば文句はありません。
不安なのはあと1クールでどうやって決着をつけるのか、むしろ決着むりじゃね? ってことだけなのですが。
3期か完結編の映画やるのかな?
でも、あの枠今期限りアニメやめるんだよなぁ(ヒロアカは日テレ移動らしい。大罪は知らない)


○逆転裁判
エレベーターで窒息は思い込みで過呼吸になったということにするとして。
とりあえず、弁護士や検察官が普通に住居不法侵入や傷害罪(法廷で裁判官を鞭打ちって……)を犯しまくっておとがめ無しなのはさすがに。
まあ、そこはギャグアニメということで笑ってすますとしても、そもそもゲームとほぼ同じ事件なのでゲームをプレーした人にとっては目新しい話がなく、ゲーム未プレーの人にとってはネタバレを食らうという……ダンガンロンパのアニメ(1期)と同じかんじに。
実写映画の方は細かいトリックとか変えてきていたんだけどなぁ……

○僕のヒーローアカデミア
今のアニメ業界ではしかたがないのはわかるのですが、せめて1年間放送して学園祭まではいってほしかったですよ……
USJで終了だと、さすがに序盤過ぎると思います。

あと、これはアニメや原作とは基本的に関係ないのですが、週刊少年ジャンプ編集部があまりにも過大な期待をかけすぎて逆に悪影響が起きている気もします。
確かに面白いし、一流の漫画だと思うのですが、ドラゴンボールやナルトの後継者扱いや、ワンピースと並び立つ看板扱いはさすがに無茶が過ぎます。

例えるなら、ノーマルスーパーサイヤ人が破壊神ビルス様と同格といっているようなかんじで。
ヒロアカは一流の上位くらいらいの漫画だとは思いますが、ドラゴンボールやナルトやワンピはその春か上の神漫画ですからね……

○少年メイド
おねーさん達のためのショタアニメかと思ったら、意外なほど真っ当なジュブナイルでした。
いや、確かに一見すると男の子をメイドにして楽しんじゃおうアニメだし、実際そっち方面の視聴者を狙った作品ではあるのですが。

ただ、お話の真は古典的なジュブナイルだと思います。
唯一の身寄りである母親をうしなって孤児となった小学生が、それまで面識のなかった大金持ちの親戚に引き取られて自分の居場所を求める物語ですね。
アニメ放送前に、角川つばさ文庫なんていう児童書レーベルでノベライズ版が出版さているのを見かけて、『ショタコン向け漫画を児童書レーベルにするとか、KADOKAWAついに気が触れたか』と思ったのですが、普通に換骨奪胎したら昔から児童書でよくある話でしたわ。
それこそ、小公子とか小公女とかの世界ですもん。

外皮はやっぱりジュネ系というか、ジュネショタ系なので誰にでもお勧めとはいいませんが。

○デジモンユニバース
新作アニメとして結構面白い。
アプモンの設定も色々考えられていますし。

一見するとウザキャラのエリ&アストラもよくよくみると『自分を無理に演じている子ども』というデジモンシリーズの伝統に則っているんですよね。
まあ、だとしてもウザいけど。

○ドラゴンボール超
色々言われていますが、この年になって毎週ドラゴンボールの新作アニメが見れるって言うだけで涙が出るほど嬉しいです。
とりあえず、ヤムチャ回とアラレ回は腹を抱えて笑いました。
まさにヤむちゃしやがって……

いずれにしても、ネットで『戦闘力が矛盾して……』とか『ペンギン村の人達の年齢が……』したり顔で語って悦には入る人間にはなりたくないなと本気で思いました。
今週のサイヤマン映画ネタはすべっている気もしますが。

一方、未来トランクス編のシリアスさもいいかんじでした。魔封波の扱いが酷すぎたのはアレですが。
普通に封印できたけど悟空ブラックによって再び解放されたという流れじゃダメだったんですかね?
あと、ブルマさんはいいかげん色気よりも科学者らしい問答で時間稼ぎしましょうよ……

○名探偵コナン
アニオリと原作話のテンションの違いそのものが高度なギャグになってきた……
原作では普通に読めるのに、アニメを見ていると、あまりにも唐突に組織話や領域外の話が挿入される印象で。

アニオリは出来不出来が激しいけど、『不思議な少年』はとても良かったです。
たぶん、青山先生は書けない(あるいは書かない)タイプのシナリオですが、こういうはなしもあっていいのではないでしょうか。
そのうち放送するであろう、幼稚園時代の新一から、現在のコナンへの精神的な成長なども描けていますし。

一方で蘭ねーちゃんがアイドルミーハーになったり、本当に原作を理解しているのかっていう脚本家さんもいるのはいかんともしがたいのですが。

(以下映画)
○君の名は。
男女入れ替わりモノを見に行ったつもりなのに、冒頭隕石が落下してきて『うぉ????? 僕、会場間違えた!? ガンダムの放映会場に乱入してしまった!?』とかガチで不安になりました。
細かい部分がとても丁重に作られていて、非常に良かったです。
僕の65歳超えた母が珍しくアニメの映画を見に行って『面白かった』と言っていたくらいなので、どんな人でも楽しめると思います。

それだけに、一部の業界・知識人達が深みがないとか難癖つけていますが、普通に深いテーマも内包されていますし(表面に出て説教臭くならないようにしてるだけで)、とても良い映画だと思いました。

ただ、入れ替わったときにカレンダーやスマホの日付確認しないのか? っていうのが最後まで疑問で、そこだけはどうしてももやもやしたのは事実です。
本編を見ている限り、記憶が曖昧になるというだけでは説明がつかないと思うんですよね……

○デジモンアドベンチャーtri 2章
は大江戸温泉行く必要ないだろと。
学園祭だけに絞った方が話がスッキリしたはず。
ファンサービスにしても、女性キャラの入浴シーンはほぼ映らず、ガブモンの中身も相変わらずわからず、女性ファン向きの男性の作画もそこまででは……

というか、全体的に戦闘シーン少なすぎ。
あれだけの災害が起きているのに学園祭やら温泉やらやっている場合かというツッコミも頭に浮かぶ。
ゴマ&パルはあの程度の覚悟で究極体になれるなら無印の段階でどうしてなれなかったのかと(大人の都合だだろうけど)

歩く死亡フラグが案の定だったのには笑いましたが、あそこは笑うシーンじゃない気がしなくもありませんw

○デジモンアドベンチャーtri 3章
戦闘シーンは相変わらず少ないですが、2章とはうってかわってよくできていました。
それだけに2章で離脱してしまった人がいるのではないかと心配(なにしろ、テレビとちがって時間が空く上に、視聴にそれ相応のお金がかかるわけで)

しかし、てっきり02の話は記憶抹消デモされているんだと思ったんですが、普通に皆覚えていたんですね。
だとするとさすがに1章の子ども達の反応は不自然だと思うのですよ。
とくにタケルやヒカリは合体パートナーだったわけですし。
結局、タケルやヒカリにとって、伊織やミヤコは単なる合体要因にすぎなくて、本当の仲間は無印の時のみんなってことなんですかね。
太一も大輔のことはサッカーの後輩でもあったはずなのですがねぇ。

○名探偵コナン 純黒の悪夢
映画のコナンくんはもはや推理するつもりはないようですねw
まあ、映画館に行ってテグスを使って密室を……とか見せられるよりは、爆発炎上アクションを堪能できた方が楽しいので問題ありませんが。

ゲストキャラ、キュラソーはガチでかっこよかったです。
天海さんの力強い演技にも引き込まれました。
俳優さんで声優にチャレンジする場合、『完全に声優嘗めているだろ』という演技をされる方と、『さすが演者の意地をみせるな』という方がいるのですが、この映画の天海さんは完全に後者でした。
むしろ、本職の声優さんではキュラソーの味を出すのは難しかったかもしれません。

一本の映画としては(原作の組織編の理解ありきではありますが)とてもよく出来ていて、安室&赤井さんの大活躍も見ていて緊張感満点です。

観客動員数もいつもの3倍近いらしく、赤井さんがかかわっているだけありますね。
とりあえず、コナンくんならアクシズがおっこてきてもサッカーボールとサスペンダーでなんとかしてくれるんだろうなぁとか、そんなアホなことを考えてしまったりも。

【いか、重大なネタバレありの感想】
○ダンガンロンパ3
途中までは面白かったのですがオチが酷すぎて……

一週間に絶望編、未来編両方を大きな作画崩壊もなく放送したのは凄いと思うし、それらが相互補完するというのもアニメ業界ではほとんど見たことがないチャレンジだったと思うのですよ。
ただね、あのオチはね……

いや、自殺だったというオチはまあいいとしましょう。
洗脳ビデオも百歩譲って許します。

でもね、あんなビデオで洗脳されるわけないだろってキャラがあっさり転んでいるのは全く納得いきません。ペコとか。
もうあれはサブミナルとかではなく魔法の洗脳ビデオとしか思えないんですが、そんなビデオがあるならそもそそも1作目のコロシアイ学園生活なんてやらなくてもいいじゃん。
未来期間ふくめ全世界をあのビデオで洗脳すれば絶望オチするじゃん。モナカにもあれ渡しておけばコマルなんてイチコロじゃんと。

全ての才能を移植したはずのカムクライズルが、どうして人の心を理解できないのか。小説版では超高校請求の精神医とかの才能は移植しなかったのか。
そして、黒幕の行動も支離滅裂すぎて。

なんといか、前半部分を盛り上げるために設定を犠牲にしたのかなと。だからネタばらしになるととたんにこけたんだろうなぁと。
途中まで本当に期待していたのでラストの肩すかし感がやばすぎました。

あと、お菓子がどうこう言っていたポッと出の三人組は結局なんだったんでしょうね(苦笑)

SHIROBAKOについて

  • salen
  • 2015/03/19 (Thu) 06:27:31
今結構話題になっている「SHIROBAKO」ですが、皆さんはご覧になられてますでしょうか?
個人的にはここ10年で一番ハマったと言っても過言でないくらいハマってますw

「アニメ制作の今がある!」というキャッチフレーズの元、アニメ制作のエグい面も(これでも薄められているのでしょうけどw)面白さもかなり丁寧に描けていると思います。
アニメに対して制作進行、クリエイター、声優など様々な視点からどう見えているのか、彼らは何を思って作っているのか。をちゃんと描いてくれているので、非常に興味深く視聴しています。
もう最終話近いですが、私自身、他のアニメに対しても見方が変わってしまうくらい影響を受けたので、是非皆さんにも見ていただきたいです。

「最近のアニメは・・・」とがっかりしている人にこそ胸を張ってオススメできます。今からでも追いかけて損はさせません!

Re: SHIROBAKOについて

  • nagusa
  • 2015/03/19 (Thu) 09:52:31
本編はまだ観ていませんが、公式サイトを見ました。
確かに興味深い内容です。

しかし、一番に思った事は『こういった、アニメ業界の実情を描くアニメですら、主人公達を美少女にしなくちゃいけないのか』という暗澹たる気持ちです。

いや、アニメ業界で働く人たちに美少女がいないとはいいませんが、主人公5人が全員美少女というのは普通無いでしょう。
声優は実際、最近顔だけで売っているようなアイドル声優も多いのであれですが。

作品の主旨にかかわらず、美少女を出さないとアニメの企画が通らないこと自体が問題だと思うのですよ。

なんか、もうそれだけで観る気が半減しました。
それでも内容は興味深いので観てみたいとは思いますが。

各話のあらすじもみてみましたが、確かにアニメ業界の一面を書いてはいるようですが、これ要するにアニメ業界の『バクマン。』じゃねぇの? という気も。
一見業界をリアルに書いているようでいて、本当にそこにいる人たちから観たら『そんな甘いもんじゃねーよ』の一言で切って捨てられるみたいな。

Re: SHIROBAKOについて

  • パッチ
  • 2015/03/19 (Thu) 17:16:32
興味深いのはもちろんですが,内容もなかなか感動します。

アニメに限らず,仕事に真剣に向き合い,苦労して問題を克服していいものに仕上げ,満足している人たちのドラマは好きです。

その苦労している段階は見ていてストレス溜まりますけどね。

たしかに業界の人が観たらどう思うか聞いてみたいですね~

Re: SHIROBAKOについて

  • salen
  • 2015/03/19 (Thu) 20:47:23
返信ありがとうございます。

>nagusaさん
確かに主人公5人は美少女ですが、私はこの作品の主役は彼女たちでなく、周りの大人たちだと思っています。
萌えアニメっぽいから見ないというのはとてももったいないので、nagusaさんにこそ見てもらいたいですね・・・

>「そんな甘いもんじゃねーよ」
まさにそんな感じのキャラも出てくるので、ここも面白いところですw
それも含めてとにかく色んな視点からアニメ業界を見てるので、いいとこばっか描いてる!なんてことはないかと思います。
バクマンみたいに才能あふれた主人公たちが大活躍!って作品でもありませんしね。むしろ・・・


>パッチさん
ドラマ部分もかなり感動させられますよね!
アニメに限らず、仕事に対してどう向き合うか。という命題に対しても様々な考えが垣間見れて非常に面白い話だと思います。


ちなみに某掲示板では業界の人が現れ毎回感想を言ってるとかどうとか・・・w

Re: SHIROBAKOについて

  • DG
  • 2015/03/20 (Fri) 02:31:42
横から失礼

>私はこの作品の主役は彼女たちでなく、周りの大人たちだと思っています。
実際、おっさん陣が強烈に印象に残りますしねw
自分としては主人公以外の人たちにもスポットが当てられてて群像劇のような印象もあります

ちなみに、アニメ制作アニメと聞いて真っ先に「アニメーション制作進行くろみちゃん」が出たのは自分だけでしょうか(苦笑)

Re: SHIROBAKOについて

  • salen
  • 2015/03/20 (Fri) 21:18:03
返信ありがとうございます。

>DGさん
そう!まさに群青劇なんですよ!
この群青劇がアニメ制作って難しいテーマにすごいマッチしてて面白いんですよね。

Re: SHIROBAKOについて

  • ファズ
  • 2016/11/05 (Sat) 21:14:40
近年、SHIROBAKOのせいでやたら万策尽きたーとかやたらブラック企業だーとか騒ぐ視聴者が増えてるんですよね・・・
なんというか、作品の出来が良くってもファンのマナーが悪いと複雑な心境になりますね。

シュヴァルツェス マーケン

  • ファズ
  • 2016/10/13 (Thu) 01:35:32
お久しぶりです。
この前視聴し終えたので感想を。
まずTEがさんざんな出来だったのに、
よくやろうとしたよね(笑)

良かった点
TEに比べると戦闘していた。
作画も顔がのっぺりしていなかった。
悪田村ゆかりさんが結構良かった。
西ドイツのキルケちゃんはいいケツをしてる(爆笑)
(ていうかキルケちゃんのこのくだりって必要だったの?)
悪かった点
BETAさんはあいかわらず空気…。
この世界の人たちは最後まで内ゲバばかりしてる。
まさかの主人公が義妹とあんなことに…
(その部分を思いっきりはしょってどうする(笑))
最後の最後で隊長さんがああいうことになるまでが
長すぎる…。

もうあれですね、みてて思ったんですがこの世界の人たちは
イデオンのイデの力でBETAともども滅んじまったらいいのに
とか考えていた自分がいました。

参考
https://www.youtube.com/watch?v=9Jr4sf5sF1I

フィギュアスケートアニメ

  • 藍依
  • 2016/10/06 (Thu) 23:36:06
お久しぶりです
タイトルについて、自分はフィギュアスケートも好きなんですが
フィギュアスケートを題材にしたアニメというと銀盤カレイドスコープが出てきまして
スケートがブームになるころに放映していたのにあの出来という・・大変悲しい作品でした・・・

で、今期またフィギュアスケートアニメが始まったんですが
オリジナル作品で「ユーリ!!! on ICE」がよくできていたので
ここまでしっかりアニメーションでスケートを描いた作品は珍しいのではと思います
作画は大変そうなので途中で力尽きそうなクオリティでしたけど
振り付けもプロに依頼して衣装デザインもプロでアナウンサーも本物
使用曲はすべて書き下ろしのオリジナルという徹底ぶり
本編はギャグのノリが古臭くて昭和なのと女性向けっぽい要素があるのがどうかなーという感じですが・・・
(今後女性向け要素が増えないとよいな・・・苦手なので)
作りこみはガチだったので銀盤カレイドスコープの残念ぶりを知っているだけにかなりうれしかったです

あと、実はスケート選手でオタクな選手がいるので少し紹介

現世界女王であるロシアのメドベージェワ選手による「セーラームーン」
https://www.youtube.com/watch?v=MUG-9cHyOag
ロシアのコーチにはなぜこれを滑るのか理解されなかったけど本人がどーしても滑りたかったみたいです
実は髪も金髪に染めたかったようで
世界選手権優勝後の日本のインタビューでムーンライト伝説を日本語で歌ってみせるガチぶりです
現在女子最強の選手なんですけど凄いですねw

カナダのケヴィン・レイノルズ選手「カウボーイビバップ」
https://www.youtube.com/watch?v=8znN62hLAyg
こちらもガチオタクで今までもゼルダの冒険、クロノトリガーでも滑ってます
彼の凄いところは全部試合で滑ってる競技プログラムなこと
衣装もスパイクのコスプレ状態です
インタビューも日本語で受け答えできます

現実のスケートの試合も10月下旬から始まるのでどちらも盛り上がるとよいなと思ってます


あと前クールで完結した作品では「91days」が面白かったです
禁酒法時代のアメリカが舞台
マフィアに家族を殺された主人公の復讐の物語
マフィアというとガングレイヴが好きだったんですが、これも面白かった
ガングレイヴが友情の物語ならこの作品は復讐の物語
展開が早かったり時々突っ込みどころはありましたが後半に向けて盛り上がりました
ラストは賛否別れそうですが個人的にはあれもありかな?
1クールかけて一人の男の復讐を描き切っていて面白かったです

久しぶりの書き込みでたくさん書いてしまいすみません
また更新があれば楽しみにしています

Re: フィギュアスケートアニメ

  • yan4
  • 2016/10/09 (Sun) 08:07:20
フィギュアスケートのアニメは珍しいですね。
私も、ほんと銀盤カレイドスコープくらいしか思いつかないです。
今期、まだ見るものが決まっていなかったので、ぜひ参考にさせてもらいます。

91daysは私も見ていました。
ラストですが、個人的には好きですよ。ああいう形の結末にすることで余韻が残り、スパっとはっきり終わらせるよりも逆に印象が強く残ったと思います。まあ、もやもやするという人の意見も十分に分かりますが。

私としては、個人的な願望も含めて、アヴィリオは生きている派ですかな。

お久しぶりです

  • モモタケ
  • 2016/09/13 (Tue) 15:53:31
レビューが更新されて嬉しく思います。 
さて内容についてなのですが、うしおととら、確かにかなり駆け足だったとは思いますが、私は原作を知らないので楽しめました。 またあの駆け足気味な進行は原作者自らが取捨選択した結果だそうです。
あとは声はかなりあっていたかなと思いますね。特にうしお役の方は22と若い方ですがかなり頑張ってらっしゃったかと思いました。

Re: お久しぶりです

  • yan4
  • 2016/10/09 (Sun) 07:25:37
へえ!原作者自らが駆け足進行を選択したんですね。
中途半端に終わるくらいなら、駆け足でも全部見せたいってことなんでしょうか?
そういうケースもあるんですね。

うしおととら、が終わったので、今度はからくりサーカスとかアニメ化してほしいです。
個人的には、こちらの方が好きなので。

謝罪

  • あう
  • 2016/09/10 (Sat) 23:24:35
管理人さん、このたびは下の9月2日の私の投稿に大変見苦しい書き込みをしてしまい、本当に申し訳ありませんでした・・・・

どうも書き込みをした当時は何かとアニメが満足に見れないという不満が強くなってしまい、どこが私の悩みを聞いてくれるサイトは無いかと思い、このサイトにたどり着いたのですが、色々と熱くなってしまいました・・・・
本当に不快な書き込みをしてしまい申し訳ありません・・・

可能であれば、管理人さんの方で私「あう」の9月2日の投稿を削除していただければと思います(パスワード設定するの忘れましたごめんなさい・・・・)
この度はご迷惑をおかげしてしまい、本当にすみません・・・

お久しぶりです

  • ファズ
  • 2016/06/10 (Fri) 03:21:17
こんばんは。よかった、yan4さん、生きていらっしゃった。
レビューも再開されて何よりです。
話は変わるのですが、東京喰種のアニメのほうはご覧になってたん
ですね。点数が65点になってますが妥当なところかと。
面白かったのは最初の数話だけでしたし。最終回とか?ですし、
√aとか意味あったのかとかと。一番の長所はヒナミちゃんが
かわいいでした。レビューのほう楽しみにしています。

Re: お久しぶりです

  • yan4
  • 2016/06/12 (Sun) 21:17:21
1期はまだ良かったと思うんですが、おっしゃられるように最終回がね…
まあ、原作もreに続いているので、微妙な終わりはしょうがないと思いますけど。一般視聴者からすると、分割2クールでまたされた挙句、さらにあの終わり方されたら…汗

√aってオリジナルだと聞いてたんで、これはこれで決着つけるのかと思っていたら、結局原作とあまり変わりない展開なんですかね?(原作読んでないので良くは知らない…)

Re: お久しぶりです

  • モモタケ
  • 2016/06/13 (Mon) 21:09:08
東京グールは何か原作者にアニメの為に別ルートをわざわざ書かせた上でそれを無視して作ったそうですよ。 原案が設定資料?か何かに載ってるそうですが、アニメとは全く違ったそうです。

Re: お久しぶりです

  • kioku
  • 2016/07/28 (Thu) 19:01:23
鉄血のオルフェンズの2期が10月から始まりますが
オルフェンズ1期の感想もまた見てみたいです。

ダンガンロンパ3

  • nagusa
  • 2016/07/17 (Sun) 01:51:21
ダンガンロンパ3 未来編/絶望編、皆さんどう思います?

個人的には、内容に関しては始まったばかりなのでなんとも言えませんが、「一週間に2作交互に作り、相互補完する」という作り方そのものが非常に興味深いと思っています。

2をアニメ化していないというツッコミに関しては、1のアニメがあれだったことを考えると、ゲームをそのままアニメ化してもつまらないのはある意味証明されているので、英断と言えるかなと思っています。
例えば、1を2クールで作ったとしても、説明不足は解消されても「ゲームと同じじゃん」ということにはなったでしょうし、それは2を2クールで放送しても同じだと思います。

絶望編があまりにもほんわかラノベっぽくて、逆にそこにダンガンロンパらしい仕掛けがあるんだろうと期待したりしてみたり。

HUNTER×HUNTER 人気女性キャラランキング……って、え?

  • nagusa
  • 2016/06/12 (Sun) 19:43:44
お久しぶりです。
HUNTER×HUNTER人気女性キャラランキングというのがありました。

http://buzz-plus.com/article/2016/06/11/hunter-x-hunter-girl/

1位 ビスケット
2位 200階クラスの案内係 
3位 マチ 
4位 シズク 
4位 ゴンの曾祖母 
4位 ミト 
5位 ネオン=ノストラード 
6位 アルカ 
6位 コムギ 
7位 ツェリードニヒ=ホイコーロに殺された女B 
8位 エレナ 
8位 センリツ 
9位 セイコ 
9位 キルアの祖母 
10位 レイナ 
10位 アマネ 

うん、確かに案内係かわいいね……って、コラコラ(^O^;)
いやいやいや、「インターネット上の男性」ってどんだけマニアックな層が利用するインターネットだよ!?
キルアの祖母とか登場すらしてねー(そりゃあ、設定上はいるだろうけど)

っていうか、そもそも、こういう統計で4位が3人いたら、その下は7位とするのが普通で、人気投票の発表の基本もしらないのかしらとか。

いやー久しぶりにツッコミどころの多すぎるアンケートを見たので、思わず書き込んでしまいました。

とはいえ、ハンタって女性キャラが少ないのは事実なんですよね……

Re: HUNTER×HUNTER 人気女性キャラランキング……って、え?

  • yan4
  • 2016/06/12 (Sun) 21:30:22
>200階クラスの案内係
とりあえず、単行本見返しましたw

けど、そんなに可愛い…?
個人的には、ポンズの方が可愛い!ランクインしてないのは絶対おかしい!

あとセイコって誰だよ…(センリツ可愛いのは認めるがw)

お久しぶりです。

  • まきびし
  • Site
  • 2016/04/26 (Tue) 21:39:21
お忙しいとは聞いてましたが、お元気そうでなによりです。
今期アニメは結構楽しめる作品が増えてきてHDに溜まりっ放しです(笑)
春季アニメですと、文豪ストレイドッグス、ジョーカーゲーム、坂本ですが?、エンドライド、ジョジョ第4期、迷い家、マクロスΔ、マギ シンドバットの冒険、うしおととら、ガンダムUC辺りが面白そうかな、と思います。

終了組みですと、だがしかし、落語心中、シュヴァルツェスマーケン、GATEも面白かったですね。

去年のアニメですが、ラブライブ!の再放送を視聴してました。もうすぐ第2期も放映されるみたいです。
他にも、食戟のソーマ、ハイキュー!!、終わりのセラフ辺りもそれなりに楽しめました。

今後もアニメ感想のレビューが更新されるのを楽しみに待っております。

Re: お久しぶりです。

  • yan4
  • 2016/04/28 (Thu) 10:52:58
どうも、お久しぶりです。
最近になって、ようやく細々とレビュー上げれるようになりました。

今期見ているのは、
「マクロスΔ」「Re:ゼロから」「坂本ですが?」「ジョジョ」「ビッグオーダー」「シンドバットの冒険」「キズナイーバー」「逆転裁判」「学園都市アスタリスク」「ネトゲの嫁は」「エンドライド」「うしおととら」「暗殺教室」って感じです。
ここに出ていないもので、既に切ったのもありますけどw

それはそうと、実は私、これだけ話題になっているにも関わらず、ラブライブって見たことないんですよね。
機会があれば…と思ってましたが、結局機会がなかったので。
この連休中も別のものを見る予定なので、よっぽどおすすめがない限りは、この先もその機会が訪れることはないかも?笑